彼女は最後にそう言った

send link to app

彼女は最後にそう言った



Free

▼ 物語は『一通の手紙』から始まる ▼「祭の夜には お面をつけて 死者が この世に もどってくる」 これは ぼくの村に伝わる 不思議な言い伝えだ。 でも ぼくは そんな言い伝えぜんぜん信じちゃいなかった。 そう…あんな手紙が ぼくのところに 届くまでは…  ▼ 8月14日がくり返している。一体なぜ? ▼「お祭の夜 展望台で待ってます」───主人公・シンタローのもとに、4年前に死んだはずの同級生から手紙が届く。 その日は地元のお祭で、死んだ同級生の命日でもある。シンタローは半信半疑のまま展望台を訪れる… あの日彼女はなぜ死んだのか?この手紙を出したのは誰なのか?死者が戻るなんてことが、本当にありうるのか? 数々の疑問とともに、シンタローは時間のループに飲み込まれてしまう。  忘れられた『キオク』と、新たな『キオク』を頼りに、くり返す夜の中で真相を解きあかそう。